• 08<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ある沼に蛍を見にやって来た夏目とニャンコ先生。そこにいたのは、沼を見つめる男性と彼に寄り添うようにしている妖だった。その男性はかつて妖を見ることができたこと、ある日突然その目が妖を映さなくなったことを聞いた夏目。自分にも彼のようにずっと望んできた解放の時が訪れるのか。もう妖を見ることのない男性が、何故この沼に来ているのか知りたいと思う夏目は――。

夏目がホタルに付けた「キヨ」という名前。
それはホタルが自分の姿を目に映すことが出来なくなった愛する人へ言い続けた「好きよ」から取られたもの、なんですよね…。
今回もひたすら切ないお話でございました…!

ホタルと彰史さんの恋物語。
叶わないことを知った上でホタルが「良かった…」と言った時、本当に胸が苦しくなりました。
その直後に夏目の手を握り締めて、自分の想いを押し殺してるのがよく伝わってきてしまってね…(><。)
号泣するっていうんじゃないけど、じんわり涙が流れる感じです。。。
相手のことを想う気持ちは人間も妖怪も変わらないのになぁ…誰よりも彰史さんの側にいたのになぁ。
…また泣けてきた。 ほんとこのアニメを観る度に涙脆くなってしまってねぇ。。。
でもホタルと彰史さん、これからもずっと心は繋がっていてほしいな。 というかきっと繋がってますよね(*^.^*)

あと今回もうひとつ書いておかないといかんのは、夏目の心情の変化、ですよね~。
妖怪が見えなくなってしまうこともある、という事実を知った夏目。
自分にもそんな時が訪れるのか?と考えたときに口をついて出た、『嫌だな…』という言葉。
直後にハッとなってるところからして、あれは本心から出た言葉でしょうね。
妖怪が見えなければいいのに、とひたすら願っていた夏目にとっては本当に衝撃だったはず。
でも今の夏目にとって、煩わしいと思っていた妖怪との関わりは愛すべき関わりへと変化しつつあるのかも、ですね。 夏目の心の成長を感じさせますね(*^.^*)
妖怪と人間は別物だけど。 夏目にとっては妖怪との出会いも大切な出会い、と感じれるようになってるんですね~v
その思い、夏目にはずっと大切にしてもらいたいです♪

あぁもう今回も本当に癒されました!!!
毎回素敵な時間をくれる「夏目友人帳」には感謝感謝ですv
次回はいよいよ名取さんの登場ですね♪ 次回予告のときにはものっすごい胡散臭さを発揮(笑)してましたが、活躍してくれることを楽しみにしてますからー!!(`・ω・´)


拍手、ありがとうございました♪(*^.^*)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。